All posts tagged 感謝

20歳の顔は自然からの贈り物。50歳の顔はあなたの功績

「20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る」

ココ・シャネルの言葉です。

時代を切り開いて、現在に繋がるファッションのスタイルの基礎となる部分を作ってきたシャネルの言葉には「ハッ」とさせられるものが数多くあります。

20歳の顔は親から授かったもの、だけどそれ以降の顔は自分で作り上げていくもの。

人間ココ・シャネルの在り方は今の日本人には特に見習うべきところがたくさんあるように思います。

 

ほしいものがあればすぐ手に入る現代

物質的にも恵まれているし、経済的にも豊かな日本

でもなんだか、

「日本人は自分の意見を言わない」と変に国際社会を持ち出して自分勝手な意見を押し付ける人とか

「客なんだからサービスされて当たり前」とわがままを当たり前のことだと主張する人とか

「自分さえよければ」を押し出す人が増えているような気がして残念に思うことがよくあります。

 

これって結局「当たり前」だと思っているからなんですよね。

以前も別の記事で書いたと思うけど

当たり前なんて一つもない。と思ったら感謝が生まれます。

感謝は、気付けば気づくほど幸せになります。

 

「人は見た目が9割」という書籍もあります。

顔にはあなた自身が反映されます。

決して造作の美しさということではありません。

内面からにじみ出る雰囲気も含めて「見た目」です。

生き方、在り方、性格や普段の思考が見た目、特に他者に一番印象を与える「顔」に出ます。

感謝が多い人は幸せな顔をしています。表情も豊かです。

数年ぶりに同窓会であった旧友の顔を見て違和感を感じたことはないですか?

かつてあんなに可愛かったのに。どうしたんだろう。って心配になったり

決して体型が変わったとか顔をいじったとかではなく、なんとも言えない違和感。

年齢を重ねれば重ねるほど、どんなあり方をしているのかは隠しようがなくなります。

辛い経験があったから、ということでもありません。

辛い経験や苦しい経験の一つや二つ。誰にでもあります。

生きていくのが辛くなるようなどん底に陥ることだってあります。

八方塞がりで抜け出す策が見つからずもがき苦しむ時期だってあります。

どんな状態でもそこに何を見出すかは自分自身に任されているし、そんな自由が与えられていることに気がつくとやはり感謝が生まれます。

 

ましてや、今 物質の時代から精神性の時代に移り変わりました。

(ちなみにわたしは全然スピリチュアルな人間ではありません)

全てさらけ出されてしまうんですよね。

物を持つ豊かさではなく、心の在り方、心の豊かさを感じて、いい顔で生きていきたいですね。

 

 

 

「ありがとう」のチカラ

先日旅先でホテルに滞在したときの話しです。

「印象に残ったスタッフがいたら記入してください」という問いがアンケート用紙の中にありました。

初日にホテル近辺の店舗情報を教えてくれたスタッフさんのことをふと思い出して記入しました。

でも朝のレストランのスタッフさんの笑顔や、実際顔はわからなくてもお部屋を清掃してくれたスタッフさんのおかげで居心地よく滞在できた、と気がつき思いつく限り記入しました。

書く欄が足りなくなったのでアンケート用紙の裏面にまで。

そうしているとどうなったか。

自分自身の心が慶びで満ち溢れてきたんです。書きながら胸が感動でいっぱいになってきたんです。

お金を払って泊まっているんだから「当たり前」

サービス業だし、仕事なんだから「当たり前」

そんな風に思っていると気がつかないけど、それって「当たり前」じゃないんですよね。

相手への感謝の気持ちでいっぱいになると、自分自身がものすごく幸せなんだって気がつくことが出来るんです。

「幸せ」って「感謝」で出来ているんです。

 

 

「感謝」が大事

「感謝」する人が「成功」する。とよく言われますよね。

偉人の言葉であったり、成功法則系の本であったり、「成功者」と言われる方々はほぼ「感謝」について取り上げています。

一口に「感謝」は大切。と思っていても本当に感謝することを習慣化出来ている人って実は少ないように感じます。

かつての私はそうでした。

ただ単に「ありがとう」の回数を増やしてみたり、言わなきゃいけないという義務感で「ありがとう」を言葉にしてみたり。

表面的で中味が伴っていない上っ面の感謝を追いかけていました。

 

「有難う」っていう言葉って「有る」ことが「難い」って書きます。

「存在する・起こる」ことが「難しい」んです。

帰る家がある。毎日ごはんが食べられる。自由な時間がある。ふかふかのお布団で眠られる。

当たり前だと思っている日常も、国や時代が違えば「当たり前」じゃないということに気がつくと、この時代にこの国に生まれて生きていることが「有り難い」と気がつきます。

目の前の当たり前と思っていたことにまずは気がつくこと、小さいことにたくさん気がつく、そうすると毎日感謝することに溢れていることに気がつきます。

 

「感謝」は気がつくこと、自分の内面から湧き出てくるものです。

深い感謝の気持ちが湧き出てきて、一番得をするのは自分自身です。

「有る」ことが「難い」に気がついて、感謝の気持ちを表現すればするほど、自分自身の心が感動でいっぱいになって胸が熱くなって、目頭が熱くなります。

 

表面的な「ありがとう」ではない、心の底からの深い感謝

どうしたらそんな風に感謝でいっぱいになれるのか。

「感謝」も習慣化して筋トレのように鍛えることができるんです。

毎日寝る前に「今日感謝したことは?」って自問してみることをオススメします。

毎日です。

今日嬉しかったこと、誰かに親切にしてもらったこと。小さいことに気がつくことができると毎日が感謝で溢れてきます。

そして自分がいかに幸せなのかに気がつくことができますよ。

 

 

幸せになる決意

「辛い」という字がある。もう少しで「幸せ」になりそうな字である。

 

随分まえのことだけど、子どもの終業式で担任の先生が言ったこの言葉

ものすごく印象に残った。そして心にズドンって刺さった。

「星野富弘」さんという詩人の言葉

いつもいつも平和で穏やかで大きな問題も起きず、ず~~と変わらない日々。

それはそれでとても素敵なことだけど、

辛いことや大変なことが起きると、それまで平凡だと思っていた日常が本当はキセキの連続で当たり前ではないんだ。と気がつく。

辛いことがあるから人の優しさがありがたいと思う。

体調を崩すと健康のありがたみが身に染みる。

どん底に突き落とされる状況に陥ると心穏やかに過ごせる時間が貴重だと気がつく。

ピンチに直面すると何にもないことがありがたいと思う。

 

自分の周りにあるたくさんの奇跡に気がつくと「感謝」でいっぱいになるんだ。

そして自分がどんなに「幸せ」なのかに気がつくの。

ないものねだりばかりして、もっともっとと欲深く過ごしていた時には全然気がつかなかったけどね。

 

帰るおうちがあること。

暖かいお布団で眠れること。

毎日食べるものがあること。

元気に歩き回れる健康な身体があること。

この時代に平和な日本に生まれて暮らしていること。

色んなことを経験する試練が与えられていること。

こんなにも多くのものが与えられている。

 

飴を一個もらった。

「嬉しい~~」って喜んだらとっても幸せな気持ちになる。

「飴一個??」って文句を言ったら不平不満しか生まれない。

「幸せ」になる決意をしたらどっちを選択するかは決まってくるよね。

 

そう。「幸せ」って「感謝」で出来ているんだ。

「感謝」は「気づく」ことで生まれるんだよ。

 

自分が「幸せ」であることに気付こう。

 

 

大切なことは全て与えられている

大きなことを成しとげるために力を与えてほしいと神に求めたのに

謙遜を学ぶようにと弱さを授かった

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
よりよきことができるようにと病弱を与えられた

幸せになろうとして富みを求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の中の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにといのちを授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが願いは
すべて聞き届けられた

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず心の中で
言い表せないものはすべて叶えられた

私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されていたのだ

− ニューヨークのとある病院の壁の落書き

 

何か試練が起きた時に いつも試されているな~と思うのです。

そこから何かを学ぶために

どんな状況でも学ぶことは必ずあるし、成長に繋がる。

そう気がつくと意図しない状況もありがたく、楽しむことすら出来るものです。

抜け毛の悩み解消対策