All posts tagged 恐怖心

選択を変えるとやってくる恐怖心

今のあなたは思った通りの自分になっています。

本当です。

いやいや望んだ通りにはなっていないよ。って反論されそうだけどね。

もし思った通りになっていないとしたら、それはそれでちゃんと理由があります。

無意識に願った事を否定しているから。

心の奥底で「とは言ってもかなうわけないよね」みたいなね。

そうなると当然「叶っていない」現実に行きつくんだよね。

表面的な引き寄せばかりに頼っていると気がつかないんだけど。

 

結局、今の自分って、今まで選択してきた全ての結果が「今」なんだよね。

だとしたらどうするのか?

過去は変えられないけど未来は変えることができる。

当たり前っちゃあ、当たり前なんだけど。

わかっていても変えられないのが人なんだ。

だって選択を変えるのってものすごく「怖い」ことだから。

 

今の自分が望んでいる結果に近づいていないのであれば、

とりあえず、今まで避けてきた「怖いな」「ちょっと嫌だな」と思うことをやってしまう。ことをお勧めします。

先延ばしにしていることとかね。大変そうなこととか。

 

「大変」なことって「大きく」「変わる」って書くんです。

楽な方ばかり選択していたら「変化」するのは難しいの。

 

ほとんどの人は「楽」して成功したい。お金持ちになりたい。有名になりたい。

だけど「失敗」はしたくない。と都合よく考えてるんだよね。

楽して成功したらそれはそれでいいかもしれないけど、

もしあなたが壁にぶつかって誰かにアドバイスを求めるとしたら、何となくうまくいっちゃった人に相談するかな??

1回やってみてうまくいってそのまま何の苦労もないまま、工夫もしないまま成功しちゃった人と

10回やってうまくいかない方法も、うまくいく方法も、トラブルも色々経験してきた人と、どちらにアドバイスを求める?

まっすぐ最短距離で進むのは、それはそれで素敵なことだけど、うまくいかな経験は周り道をした分余計に色んな景色を見ているんだよね。

 

次から次へと大変なことが起こるけど、オレはそれを「教材」とよんでいる」

そんなことばもあります。

 

成功から得るものって結構少ないもんです。

しくじって、失敗して、落ち込んで、泣いて、もがいて、考えて成長するんだよ。

経験値の大きい女はカッコいい。

 

 

一体何を恐れているのだろうか?

2017年5月4日まで、水星逆行中です。

ホロスコープに詳しいわけではありませんが、年に数度ある水星の逆行期間は意識しています。

水星逆行で注意することは、色んなサイトで紹介しているので割愛します。

今回の水星逆行は今まで背負ってきた重たい荷物を手放す時期のようです。

 

もし毎日の生活に行き詰まり感を持っていたり、八方塞がりに感じたりしていたら

もしかしたら何かを手放す時期なのかもしれませんね。

それは家の中の不用品だったり、つきまくった脂肪かもしれない。

それは、もうやるべきではない仕事や作業であったり、人間関係かもしれない。

不要なものを手放す時は恐怖心が訪れます。

誰だって次のステップに進むのは怖いものです。

 

そんな時、自分自身によく問いかける言葉の一つです。

「わたしは一体何を恐れているんだろう?」

概念かもしれないし、実態のあるものかもしれないけど

もう必要なくなったものを思い切って手放すと、今の自分にふさわしいものが入ってきます。

 

不要なものと一緒に、恐れも手放して、新しい自分に会いに行きましょう。

 

 

 

わたしが人見知りを克服した5つのステップ

わたしはとても人見知りです。

自分に自信がないので、自分のことを話すのも苦手です。

 

人と関わるのが苦手です。

物作りをしていたので、職人のように自分の世界感の中で過ごすことが居心地がいいのです。

そこは好きな物に囲まれた世界だから。

 

でも、居心地の良いコンフォートゾーンにいる限り、新しいステージには進めないんです。

自分の望む未来に進むために、ある日決断しました。

今の自分を超えていこう!と。

もちろん簡単なことではありません。

自分の枠を超えていくことは恐怖を伴います。

というか恐怖しかありません。

本気で人生を変えたければ気がついた時に動く事です。

先延ばしにできるほど人生は長くはありません。

そう決断したときからわたしの人生を彩っている環境が変わっていきました。

 

1今の立ち位置を把握する。

自分自身と向き合うことです。何のために次のステップに進もうとしているのか?

そのためには何をしたらいいのか?と自問するところから始まります。

何故?それをするのか?を自分に落とし込めていれば困難は超えることができるのです。

 

2.恐怖心を自覚する。

怖いと感じるということは、「できること」だからです。

自分にできない事は想像することすら出来ないから。

想像力を働かせて恐怖心を感じる事は伸び代があるということ。

 

3.知らない人ばかりの環境に自分を置いてみる

異業種交流会でもランチ会でも趣味のサークルでもなんでもいいです。

知っている人が一人もいない環境に行ってみる。

もちろん自分の恐怖心と戦いながらです。

そして自分から話しかけてみる。

初対面の相手は、相手にとっても初対面なんです。

初対面の人と気軽に話せる人の方が少ないということがわかります。

人見知りのいいところは自分のことはあんまり話したくないということかもしれません。

相手に話してもらっている方が樂だったりします。

慣れてくると相槌がうまくなっていき、聞き上手になれるので、知らない人ばかりでも気にならなくなります。

 

4.自分のことも話してみる

自分に自信がなくても勇気を出して自分の事を少しだけ話してみる

趣味や嗜好が合いそうだなと思ったら、自分のことも話してみることで距離が縮まることがあります。

もちろん、一方的ではなく相手とのコミュニケーションの一つとして

ここまで到達したらもう人見知りだとは思われません。

 

5.かっこつけるのをやめてみる

人見知りが悪いことだとは思っていません。ある種の才能かな。と思っています。

わたしの場合は人からどう見られるか?を気にしすぎていたような気がします。

恰好悪いところは見せたくないという変なプライドがあったのかもしれません。

失敗したり、かっこ悪い所を見せた方が人間くさい親近感を持ってもらえるものです。

プライドを脱ぎ捨ててかっこつけるのをやめてみたら、ものすごく肩の力が抜けました。

鎧という無駄なものを背負っていたのかもしれませんね。

抜け毛の悩み解消対策