All posts tagged 先延ばし

次のステージに進むきっかけ

追い込まれないと、できないこともあります。

 

追い込まれたときは、自分が成長するときです。

追い込まれるといつもの自分では絶対に選択しない手段を選ぶから。

追い込まれて、追い込まれて、普段使わない思考をフル回転させる。

 

「大変」だから「大きく」「変わる」

 

逃げるのではなく、どうしたらいいかを必死に考える。

 

いつかやろう。と先延ばしする余裕もないから。

かっこつけてる余裕もないから。

 

先延ばしにできるのは余裕があるから。

 

でもね

究極に追い込まれて、がけっぷちにいるならチャンスです。

自分のステージが次に進もうとしています。

突き抜けるための試練がきてます。

怖がって現状に留まろうとする自分と戦う必要があるんです。

「怖い。どうしよう」「もうあとがない」そんな感情を見つめてみる。

恐怖を感じている自分を客観的に見つめていると、そんな自分が楽しくなってきます。

何度も何度も恐怖を感じているうちに「成長しようとしている」自分に気がつきます。

 

普段、後悔したくないから後回しにしていたことも、今ならすぐ行動できる。

だって後がないから。

きっと、あとから「あの時が転機だった」と思えます。

 

 

人生の献立作り

人生は「決めた」ときに動き出します。

決めない限りどこにも進まない。

だって今日の夕食だって、何を作ろうか?と決めない限りいつまでたっても出来ないよね。

ずっと悩み続けて決まらないうちに日をまたいだら、もはや夕食じゃなくて、翌日の食事になってしまうもの。

決めたら、必要な材料もわかるし、作り方だってわかる。足りないものもわかるよね。

完成(成功)に近づくことができるんだ。

 

でも、自分の人生においてはどうだろうか?

色んなことを先延ばしにして、決めないでいることってない?

小さな決意の連続。その繰り返しが人生。

着る服にしても、お昼に何を食べようか?だってそう。目的地までの道のりだって、決めたら初めて次に進むことができる。

大きな決意をしなければいけない場面で

失敗したらどうしよう。と思い悩んで、決めることを後回しにしているとしたら

「決めない」ことに安心しているかもしれないけど、それだって「先延ばしにする」という選択をしているんだ。

 

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。」

これはスティーブ・ジョブスの言葉

 

とにかく決めてしまって先に進んでみたら、何かしらの結果がでるよね。

その結果がたとえ自分の思った通りではなかったにしても、「こんな風にしたらうまくいかなかった」という学びがある。

結果がでたらいくらでもそこから軌道修正出来るのに、いつまでも決めないでいたらどうだろうか?

「決めない」時間が長ければ長いほど、何の結果もでない。

軌道修正もできない。

やってみて引き返すことも別の道を進むことも、いつまでたっても決められない。

その時間もったいないと思うな。

思っている以上に人生は短いから。

だって今年だって今すでに5月

今年になってから既に140日以上たっているんだよ。

1年なんてあっという間。

 

あなたが先延ばしにしていることは何ですか。

そして今から何を決めて次にどこに進みますか?

 

 

思った時が始めどき?遅すぎると思ったら。

もうこんな歳だから・・とか

周りの人はみんな取組んでいるから今更・・とか

やってみたいと思っているのに、年齢や出遅れを理由に躊躇してやらないでいることはありませんか?

 

「ココ・シャネル」は一度モード界から引退してその後71歳の時にカムバックしています。

「退屈よりも大失敗を選んだの」

その時のシャネルの言葉です。

 

何かやろうと思った時に遅いということってないと思っています。

「これ」をやりたい。と思った時が一番ベストな時期なんです。

それに「もう遅い」という基準って誰が決めたんでしょうか?

多分自分自身ですよね。

自分で自分に制限をかけるなんてもったいない。

だって可能性の塊なんですから。

 

もし仮に失敗したとしても、

やらないで後悔するよりも、失敗した方がはるかにいいと私は思います。

それに実際「失敗」なんてないと思っているし。

思った通りの結果が出ない時は、次はやり方を変えて再度挑戦すればいいのです。

だって一度やってうまくいかない方法を学習したのですから。

 

あなたが先延ばしにしている本当はやってみたいことは何ですか?

 

 

追い込まれて、どうしたらいいかわからない。そんな時は

追い込まれないと、できないこともあります。

 

追い込まれたときは、自分が成長するときです。

追い込まれるといつもの自分では絶対に選択しない手段を選ぶから。

追い込まれて、追い込まれて、普段使わない思考をフル回転させる。

 

「大変」だから「大きく」「変わる」

 

逃げるのではなく、どうしたらいいかを必死に考える。

 

いつかやろう。と先延ばしする余裕もないから。

 

究極に追い込まれて、がけっぷちにいるならチャンスです。

自分のステージが次に進もうとしています。

「怖い。どうしよう」「もうあとがない」そんな感情を見つめてみる。

恐怖を感じている自分を客観的に見つめていると、そんな自分が楽しくなってきます。

何度も何度も恐怖を感じているうちに「成長しようとしている」自分に気がつきます。

 

普段、後悔したくないから後回しにしていたことも、今ならすぐ行動できる。

だって後がないから。

きっと、あとから「あの時が転機だった」と思えます。

勝者と敗者をわける5つの要素

「愚者ほど、粗を探したり、難癖を付けたり、苦情を訴える。」

-ベンジャミン・フランクリン-

 

永く人と関わる仕事をしていて、

そして成功者と言われる方々を観察していて気がついた勝者と敗者をわけるもの

それはそのまま人間性であり

人間的な器が、そのまま収入に直結する。

成功して勝者になりたいのであれば、人としての器を育てていくことが大事です。

 

器が小さいなと思う人の5つの共通点

 

1.言い訳ばかりする。

これは顕著です。とにかく言い訳から始まります。

できない言い訳。出来ない理由探し。

言い訳している間に出来る方法を考えて次に進んだ方がよっぽど建設的です。

 

2.すぐ人のせいにして、自分には否はないと主張する。

なんでもかんでも人(企業・世の中)のせい

郵便物が届かないのも、支払が遅れたのも、収入が少ないのも。全て人のせい

早く気がついてほしいものです。人のせいにしている間に出来ることがあるはず。

 

3.自分勝手な主張を押し通そうとする

客観的に見てつじつまの合わない事を平気で主張して押し通そうとする。

もっと高い視点から自分自身を見てみると気がつくことがたくさんあるはず。

 

4.先延ばしにする

時間は有限であることに気がついていないのでしょうね。

言い訳ばかりすることとも共通しますが 言い訳して先延ばしにする。

先延ばしにすることでのメリットはほぼないといっても過言ではありません。

 

5.相手によって態度を変える

よくいますね。 権威に弱いタイプの人間

自分より立場が低いと見たら横柄な態度を取る方。

おそらく世の中の女性の多くはこのタイプには嫌悪感を抱きます。

自分を大きく見せるよりも、相手を思いやることを学んだ方が人間的な魅力が増します。

 

もしこの5つ 思い当たるなら今すぐ見直して、人間的な器を育てていくことをお勧めします。

成功するために必要な要素の一つが人間性。いわゆる器を育てていくことに他ならないでしょう。

 

 

抜け毛の悩み解消対策