All posts in 人生の豊かさ

何度もやってくる逆境

何か新しい一歩を踏み出そうとするたびなぜか毎回逆境が現れる。

何度も、何度も。

 

自分の出来なささに愕然として自信を失ったり

悔しくて人知れず涙を流したり

もう立ち直れないかもと深い悲しみに陥ったり。

それでも、踏ん張って、踏ん張って、踏ん張ってなんとか少しでも進んでいく。

そして、だんだん楽しくなっていく。

「あっ。また試練がやってきた」って。

「試されている。わたし・・」って

小さな一歩でも次に進むことを続けていると、少しづつでも成長している自分に気がつく。

そして

「あ~ここまで辿りついているよ。あなたには乗り越える力があるから大丈夫だよ」と

過去の自分にエールを送る。

そして、またやってくる逆境も超えていける自分になっていると信じて進むことができるのです。

 

 

悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。

逆境があるからこそ、私は走れるのだ。

涙があるから、私は前に進めるのだ。

- ガンジー -

 

 

 

 

 

インスタントで手に入る物

たくさん色んなことに挑戦してきて

たくさん失敗を重ねてきました。

失敗から多くのことを学びました。

今巷にはありとあらゆる情報が溢れかえっています。

本物の情報に出会うためには、一度はたくさんの情報を見てみる必要もあるかもしれません。

そして自分が「これだ!」と思ったら他の情報はもう見ない。という選択も必要だと思います。

 

数々の失敗の中から学んだこと

本当の成功への道のりは、小さいことを日々積み重ねることでしか辿りつかない。

インスタントで手に入るような成功法則。

世の中に溢れかえっている簡単にすぐに手にはいるような情報商材

自己投資でもなんでもなく投機に近いものであることが多いです。

もちろん失敗から学ぶことも大切ですが、周り道する必要もないと思います。

すぐ手に入る満足のために近道を探している限り本当の成功への道は遠ざかるばかりです。

 

何かに取り組んでみようと思うなら、一度自分に問いかけてみてください。

「何のためにそれをやるのか?」

自分の中に答えはあります。

 

「小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています

- イチロー -

 

 

自分を疑う心

私たちにとって敵とは、「自分を疑う心」です。

自分で自分をこんな人間だと思ってしまえば、

それだけの人間にしかなれないのです。

- ヘレン・ケラー -

 

マズローの5段階の欲求によると

社会的な欲求までが低時な欲求。

尊厳欲求からが高時な欲求と言われていますね。

 

「尊厳」

人に認めてもらいたい。尊敬されたい。

そんな気持ちでしょうか。

でも、どんなことであっても まずは自分から。

あなたが自分自身を大事にし、相手の事も大切に扱うこと。

そうして初めて、まわりがあなたを大事にするのです。

自分自身をないがしろにはしていませんか?

そして他人のことを見下してはいませんか?

どんなこともまずは自分から始めること。

 

 

★勝者と敗者をわける5つの要素

「愚者ほど、粗を探したり、難癖を付けたり、苦情を訴える。」

-ベンジャミン・フランクリン-

 

永く人と関わる仕事をしていて、

そして成功者と言われる方々を観察していて気がついた勝者と敗者をわけるもの

それはそのまま人間性であり

人間的な器が、そのまま収入に直結する。

成功して勝者になりたいのであれば、人としての器を育てていくことが大事です。

 

器が小さいなと思う人の5つの共通点

 

1.言い訳ばかりする。

これは顕著です。とにかく言い訳から始まります。

できない言い訳。出来ない理由探し。

言い訳している間に出来る方法を考えて次に進んだ方がよっぽど建設的です。

 

2.すぐ人のせいにして、自分には否はないと主張する。

なんでもかんでも人(企業・世の中)のせい

郵便物が届かないのも、支払が遅れたのも、収入が少ないのも。全て人のせい

早く気がついてほしいものです。人のせいにしている間に出来ることがあるはず。

 

3.自分勝手な主張を押し通そうとする

客観的に見てつじつまの合わない事を平気で主張して押し通そうとする。

もっと高い視点から自分自身を見てみると気がつくことがたくさんあるはず。

 

4.先延ばしにする

時間は有限であることに気がついていないのでしょうね。

言い訳ばかりすることとも共通しますが 言い訳して先延ばしにする。

先延ばしにすることでのメリットはほぼないといっても過言ではありません。

 

5.相手によって態度を変える

よくいますね。 権威に弱いタイプの人間

自分より立場が低いと見たら横柄な態度を取る方。

おそらく世の中の女性の多くはこのタイプには嫌悪感を抱きます。

自分を大きく見せるよりも、相手を思いやることを学んだ方が人間的な魅力が増します。

 

もしこの5つ 思い当たるなら今すぐ見直して、人間的な器を育てていくことをお勧めします。

成功するために必要な要素の一つが人間性。いわゆる器を育てていくことに他ならないでしょう。

 

 

一体何を恐れているのだろうか?

2017年5月4日まで、水星逆行中です。

ホロスコープに詳しいわけではありませんが、年に数度ある水星の逆行期間は意識しています。

水星逆行で注意することは、色んなサイトで紹介しているので割愛します。

今回の水星逆行は今まで背負ってきた重たい荷物を手放す時期のようです。

 

もし毎日の生活に行き詰まり感を持っていたり、八方塞がりに感じたりしていたら

もしかしたら何かを手放す時期なのかもしれませんね。

それは家の中の不用品だったり、つきまくった脂肪かもしれない。

それは、もうやるべきではない仕事や作業であったり、人間関係かもしれない。

不要なものを手放す時は恐怖心が訪れます。

誰だって次のステップに進むのは怖いものです。

 

そんな時、自分自身によく問いかける言葉の一つです。

「わたしは一体何を恐れているんだろう?」

概念かもしれないし、実態のあるものかもしれないけど

もう必要なくなったものを思い切って手放すと、今の自分にふさわしいものが入ってきます。

 

不要なものと一緒に、恐れも手放して、新しい自分に会いに行きましょう。

 

 

 

俯瞰すること

『近くを見るから船酔いするんです。

100キロ先を見てれば景色は絶対にぶれない。

ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。

苦しいときこそ、船と仲間を命がけで守れる人でなければ、大将になってはいかんのです。

試練なんて黙っていてもやってくるものなんです』

-孫正義さん-

 

偉大な経営者が見ている景色、そして思考に近づくことができると

目の前の困難も、ヒーロー映画に必ず必要な悪役みたいなものに思えるかもしれませんね。

100キロ先の目的地めざし

目先のことにとらわれず困難も乗り越えて進んでいく。

人生もビジネスも本質はおんなじなのですね。

抜け毛の悩み解消対策