All posts in 人生に影響を与えたもの

20歳の顔は自然からの贈り物。50歳の顔はあなたの功績

「20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る」

ココ・シャネルの言葉です。

時代を切り開いて、現在に繋がるファッションのスタイルの基礎となる部分を作ってきたシャネルの言葉には「ハッ」とさせられるものが数多くあります。

20歳の顔は親から授かったもの、だけどそれ以降の顔は自分で作り上げていくもの。

人間ココ・シャネルの在り方は今の日本人には特に見習うべきところがたくさんあるように思います。

 

ほしいものがあればすぐ手に入る現代

物質的にも恵まれているし、経済的にも豊かな日本

でもなんだか、

「日本人は自分の意見を言わない」と変に国際社会を持ち出して自分勝手な意見を押し付ける人とか

「客なんだからサービスされて当たり前」とわがままを当たり前のことだと主張する人とか

「自分さえよければ」を押し出す人が増えているような気がして残念に思うことがよくあります。

 

これって結局「当たり前」だと思っているからなんですよね。

以前も別の記事で書いたと思うけど

当たり前なんて一つもない。と思ったら感謝が生まれます。

感謝は、気付けば気づくほど幸せになります。

 

「人は見た目が9割」という書籍もあります。

顔にはあなた自身が反映されます。

決して造作の美しさということではありません。

内面からにじみ出る雰囲気も含めて「見た目」です。

生き方、在り方、性格や普段の思考が見た目、特に他者に一番印象を与える「顔」に出ます。

感謝が多い人は幸せな顔をしています。表情も豊かです。

数年ぶりに同窓会であった旧友の顔を見て違和感を感じたことはないですか?

かつてあんなに可愛かったのに。どうしたんだろう。って心配になったり

決して体型が変わったとか顔をいじったとかではなく、なんとも言えない違和感。

年齢を重ねれば重ねるほど、どんなあり方をしているのかは隠しようがなくなります。

辛い経験があったから、ということでもありません。

辛い経験や苦しい経験の一つや二つ。誰にでもあります。

生きていくのが辛くなるようなどん底に陥ることだってあります。

八方塞がりで抜け出す策が見つからずもがき苦しむ時期だってあります。

どんな状態でもそこに何を見出すかは自分自身に任されているし、そんな自由が与えられていることに気がつくとやはり感謝が生まれます。

 

ましてや、今 物質の時代から精神性の時代に移り変わりました。

(ちなみにわたしは全然スピリチュアルな人間ではありません)

全てさらけ出されてしまうんですよね。

物を持つ豊かさではなく、心の在り方、心の豊かさを感じて、いい顔で生きていきたいですね。

 

 

 

10年後の仕事図鑑を読んで感じたこと。

今本屋さんにいくと、どこの書店でも「一位」の棚に並んでいるあの本

気になって読んでみました。

「10年後の仕事図鑑」

 

AI技術の進歩で今ある仕事の6割以上はなくなる。なんて言われて久しいけど

なくなる仕事もあれば、生まれる仕事もあるしね。

興味深い内容でした。

 

SNSが当たり前の今の時代って、個から発信するのが当たり前になっていますよね。

働き方も同じなんだろうね。

組織に属して与えられていた仕事をしていれば安心の時代じゃないもんね。

もらって当たり前、何かしてもらって当たり前という「くれくれ」ではなく自分から生み出していく。

そういう点では物作りも同じですね。

自分の中から湧き出たものを表現した形が作品。

自分発信ではないとなりたたないから、言われたことを待っているだけという感覚とは180度異なる。

今の作品にさらに付加価値をつけて突き詰めてハイブリッドにしていくともっともっとオリジナリティが際立って面白いものができそう。

 

本の中でもあったけど、100人に一人を目指すんじゃなく、100万人一人を目指しましょ。

自分だけの体験とか知識とか経験とか、没頭できること、作品+αを突き詰めてみるとこれからの時代はもっと面白くなっていくかも。

あくまでも個人的な見解だけど。

 

本はお勧めです。

決して悲観的な内容ではないですよ。

自分の在り方を改めて考えさせられます。

「どう生きるか」を考えるきっかけにもなるので興味があったら読んでみてください。

 

 

 

 

手痛いフィードバックに凹むこともある

一人で生きているわけじゃないから他者との関わりの中で傷ついたり、意見の相違があったり凹むことってありますよね。

時には否定的な意見だったり、辛辣なフィードバックがあったり。

それはお仕事上のことに限らず、身近な人からの心ない言葉であったり。

 

人から認められることを気にして生きていると、他人の評価で一喜一憂して心が疲れてしまいます。

心ない言葉を言っている人は、あなたの人生に起こった出来事の責任を取ってくれるわけじゃないし、他者からの評価が全て真実とは限りません。

いつまでも気にする必要もないんですよね。

と、言っても気になってしまう。腹立たしい事だってある。

 

評価基準を自分自身に持っている人はあんまり他者からの評価を気にしません。

変えられないことに執着するのは、エネルギーの無駄遣いです」叶恭子さんの言葉です。

 

他者が何を言おうとその事実は変えられないけど、唯一変えられるものがあります。

それは自分自身。

出来事は変えられないにしても、自分自身の捉え方は変えることが出来ます。

 

「あの人が悪い。わたしは悪くない。腹がたつ。事実じゃないのに。」とずっと執着して自己正義を主張して人のせいにするのも捉え方。

「こういう風に捉える人もいるのね。いい勉強になった。この経験を次に活かそう」と学びとして活かすのも捉え方。

 

人はそれぞれの「正義」があって、見方を変えてみると、それぞれにとって「正しい」んだよね。

物毎を見る位置を、180度変えたら全く違う捉え方が出来るんだ。

 

 

腹がたったり、どうしようもなく理不尽に感じたりすることはあります。

でも、一瞬大きく呼吸をして「素晴らしい」と唱えてみよう。

そして続けて「なぜかというと・・」と自問してみるといいよ。

 

どんなことも「素晴らしい。なぜかというと・・・」と自問し続けていると、あなたの脳がものごとの良い面を探してくれるから。

 

自己正義を主張するために頑なになるのって本当に何の役にも立たないんだ。

「ブレない」在り方って自分自身の考え方や物の見方を頑なに固持することではないんだよね。

自分の信念のためであれば柔軟に180度違う考え方や方法を取り入れることが出来るのがブレない在り方なんじゃないかな。

否定的な意見も、辛辣なフィードバックがあったとしても、「いい機会」と捉えると、なにより自分自身が成長するもの。

 

 

ぬるま湯の中のカエルの王様

ゆでがえるのお話しって聞いたことある?

「水の中のカエルさん、ぽかぽか暖かくて気持ちよ~く泳いでる。

でもその水って実は火にかかってるんだ。

常温だったお水の温度がちょっとづつ上がっていくの。

気がついた時には手遅れ。茹であがちゃった」

という寓話。

 

急激な変化には危機を感じるけど

ゆるやかに進行する危機には気がつかない、気がついたときには手遅れになっているよ。

という教訓話です。

 

実際にカエルが茹で上がるまで水の中におとなしくいるか?というと、そんなことはないと思うけど

人の思考とか行動ってまさにこういうトコロあるよね。

 

ちょうどいい居心地のいい場所にいたら安心できるし、あえてそこから出たくない。

ここにいたら安心だし、安全だって思っているから。

わざわざ気持ちのよい場所から、安全かどうかわからない世界に行こうとは思わないよね。

行動するのって、ものすごいエネルギーが必要だし。

新しいことを始めるときも同じく。

 

でも、えいや!!って出てしまうと意外にも楽しいことが待っている。

「めんどくさい」とか「怖い」って感じるのは最初の一歩だけなんだ。

 

変化を怖がらないで、変化と不安を楽しむ。

心臓がバクバクしてきて、心がぞわぞわして、背中がぞくぞくしてきたら、「キタキタっーーー」ってその感覚を楽しんじゃう。

そうしているうちに、あなたが望む未来が待っているかもしれないね。

 

 

成功を妨げているもの

時間を作って成功者の本や自己啓発本を読む。

環境が大事だからと、志の高い人たちと時間を過ごす。

そんな人脈からの有益な情報に関するセミナーに熱心に参加する。

自らも日々よりよい情報を得るため成功者のメルマガ等に一通り目を通す。

勉強家で誰よりも努力している。

成功している人の話を聞き、得た情報を同じようにやってみる。

 

現状に甘んじて何にも考えずにへらへらと仕事をしている同僚に対して

内心「自分はこいつらとは違う」と見下しているのに

気がつけば、何年経っても自分も同じところから抜け出せていない。

 

目標を定めて、そしてタイムリミットを設ける。そんなことはもちろん知っているし実践している。

でも本当にそれだけでいいのか?

その前に必要なもの。大事なことが抜け落ちていないか?

 

「そんなことない」「人より努力しているし、以前よりも環境は良くなっている」

本当に?

「成功」できない。の心理は「ダイエット」できないや「禁煙」できないと同じです。

 

体重計が壊れている。洗濯したら服が縮んだみたいだ。

飲み会の誘いを断ったら今後の付き合いに支障が出る。

そんな言い訳をして自分を正当化している限り、いくらダイエット方法を入手しても現実は1ミリも変わりません。

「すっかり太ってしまった。明らかにシルエットが違う。自分はこのままでいいのか?」

と現実を正確に知って、受け入れ、そして自分自身に問いかける。

答えが「NO!自分の理想を目指す」であったならば、

「できること」を必死に突き詰め、

「やる!!」自分になれるのです。

 

ありのままの自分を客観的に知ること。

「今の自分は思い描いている自分とはかけ離れている」

「時間もお金も費やしてきたのに同じ場所に留まって進んでいない」と。

 

 

現実を正しく知ることは、見たくない知りたくないことを認めることになります。

90%の人間は自分を正当化するものです。

正当化している限り先には進めません。

「痛み」と向き合わない限り居心地の良い場所から抜け出すことはできません。

そしてありのままの自分をしっかりと受け入れること。

自己受容が出来た時、「できること」と「できないこと」の見極めができるのです。

見たくない現実を都合の良い解釈で正当化している限り、目指している成功への道を自分自身で妨げているのです。

 

 

わたしの人生に影響を与えた3つの出来事

大きな事は起きません。

人生の変化は日常の中にあります。

自分では平凡だと思っているけどその時々で学びがあり、

振り返った時に転機だったと思えることがあります。

ちっちゃな変化を繰り返していくことで自然と次のステージに進んでいき

気がつくと大きく進化しているものなんです。

 

洋服を作るのが好きな普通の専業主婦

アパレルメーカーは退職して、洋服のデザインは我が子のため

子どもの服はほんの少しの布で作れます。

それに自分が着なくなった服をリメイクするとどこにも売っていない洋服が作れます。

たまにご近所ママさんや従妹からの頼まれ物を縫うことはあっても

改めてアパレルの仕事をしようとは思っていませんでした。

そんな中、従妹からの誘いで始めたネットショップ

本当に軽いノリで、二人でわくわくしながら構想を練って始めました。

このサイトを始めたのが一つ目の転機です。

普通の日常の中に吹き込んだ新しい風。

小さなきっかけから始まった小さなサイトを続けていくことで出来た次のステップ

もう一つのサイトの話を持ちかけられ、さらに自分自身を見つめる。

そして次のステップ

より発展するために、自分の殻を破ろうと外の世界に出始めたんです。

扉を1枚づつ開いて小さな部屋から徐々に大きな次の部屋に進むきっかけはノリで始めたネットショップでした。

自分の持っている価値を知ることが出来る一つの出来事です。

 

人との出会いもは大きな影響を与える一つです。

シングルマザーで子ども達の成長に伴い出費もどんどん大きくなる。

労働収入だけでは、自分に何かあったらどうなるんだろう。という不安も常にありました。

自分の殻を破ろうと外の世界にでる決意をしてから色んな出会いがありました。

その中でいろんなビジネスやら投資やら よくわからないもの怪しいものまで様々なお誘いもありました。

社会勉強がてら時間があれば一通り聞いてみたり、ビジネスセミナーに参加してみたり、興味のあるものは取り入れてみたり。

株の勉強やFXに取り組んでみたこともあります。

その中で気がついたこと。

自分ひとりでできることには限度があること。

ネットでいくらでも検索できるけど、信頼できる情報を持ってくるのはやはり人であること。

どんな人が周りにいるのか?もとても大事です。

成功者と言われる人達の思考を知ること、そして環境がいかに大事なのかを知ることが出来たのです。

居心地の良い日常に身を置いている限り自分と同じような生活環境の人しか周りにはいません。

知らないところは目指せないのです。

先のステージに進むには、自分自身が成長し一つづつステージを上げていくのが一番の近道です。

 

そして三つ目の出来事は体調を崩して自分自身を見つめなおしたこと

心と身体は繋がっています。

体調不良が続くとやる気も出ません。

一日中起き上がれなくなるほどの倦怠感が続き、原因もわからず、

このままでは死んでしまう!!と本気で思うほど体調を崩していました。

運よく、家の近くで見つけた接骨院に通っていくうちに2か月ほどで体調がすっかり良くなりました。

接骨院との出会いは、自分が望むものを引き寄せたとしか思えないほどのいいご縁でした。

とことんまで体調が悪くなって、自分自身を深く見つめました。

本当に望んでいることはなんだろう?

私が出来ること、人の役にたつことはなんだろう?

 

体調が悪くなり始めた頃は今後の方向性について悩んでいました。

回復した後は自然と導かれるように行きたい方向が見えてきています。

 

その都度悩み、もがき、苦しみ、ひとつひとつ壁を乗り越えてきました。

起きる現実は必ず必要だからやってくるのです。

 

「悩みや苦しみは、自分が本当にやりたいこと、もっと自分らしく生きることに気づかせてくれる贈りもの」

-岡部明美-

 

 

 

 

 

 

 

抜け毛の悩み解消対策