毎日毎日人は選択しています。

どの道を歩こうか?

お昼に何を食べようか?

ほんの小さなことから、時には大きな選択が必要なときも

大きな決断をするときには迷いますよね。

本心はこっちがいいけど、こちらだと儲からなさそう・・・なんていうときも

 

判断に迷った時にお勧めがあります

それは「わくわくする方を選ぶ」ということです。

または「どきどきする方」でもいいです。

例えそれが目先の利益に結びつかなくても

例えそれが何の成果も生み出さないように見えても

一見無謀のようでも

自分の心からのサインに従った方が良い結果を生むことが多いし、何よりも楽しく取り組めます。

その選択の結果、もし困難にぶつかっても乗り越えていく力も湧いてきます。

 

今までたくさんの選択に迫られてきましたが

頭で考えて選んだものはことごとく失敗してきました。

目先の利益に捉われて、心で感じた違和感を無視した結果大きな損失を被ったこともあります。

今そこに費やす予算はないけど、どうしてもやってみたい。行ってみたい。と思った時は思い切って取組んでみたこともあります。

結果お金は何とかなっています。

今これをやりたい。を先延ばしして「いつか」と思っていると、その「いつか」が来ることはまずありません。

 

選択の基準をいつも頭で考えて「正しい」のはどっち?自問し続けていると、楽しいことからは遠ざかって行きます。

「わくわくする方」は「危険な方」かもしれません。

基本的に危険なところでは「退屈」なことは起きません。

どんなときに「退屈」になるのかというと、それは安全で平和なとき。

慣れ親しんで安心できる環境に長くいて新鮮味がなくてわくわくしないなら、それは「退屈」になってきているのかも

経験がなくてわくわくすることにチャレンジすると、「退屈」を感じる暇なんてありません。

 

ワクワクする方を選ぼう。

新しいことにチャレンジして。

ちょっとくらいのかすり傷なんて大丈夫。