「愚者ほど、粗を探したり、難癖を付けたり、苦情を訴える。」

-ベンジャミン・フランクリン-

 

永く人と関わる仕事をしていて、

そして成功者と言われる方々を観察していて気がついた勝者と敗者をわけるもの

それはそのまま人間性であり

人間的な器が、そのまま収入に直結する。

成功して勝者になりたいのであれば、人としての器を育てていくことが大事です。

 

器が小さいなと思う人の5つの共通点

 

1.言い訳ばかりする。

これは顕著です。とにかく言い訳から始まります。

できない言い訳。出来ない理由探し。

言い訳している間に出来る方法を考えて次に進んだ方がよっぽど建設的です。

 

2.すぐ人のせいにして、自分には否はないと主張する。

なんでもかんでも人(企業・世の中)のせい

郵便物が届かないのも、支払が遅れたのも、収入が少ないのも。全て人のせい

早く気がついてほしいものです。人のせいにしている間に出来ることがあるはず。

 

3.自分勝手な主張を押し通そうとする

客観的に見てつじつまの合わない事を平気で主張して押し通そうとする。

もっと高い視点から自分自身を見てみると気がつくことがたくさんあるはず。

 

4.先延ばしにする

時間は有限であることに気がついていないのでしょうね。

言い訳ばかりすることとも共通しますが 言い訳して先延ばしにする。

先延ばしにすることでのメリットはほぼないといっても過言ではありません。

 

5.相手によって態度を変える

よくいますね。 権威に弱いタイプの人間

自分より立場が低いと見たら横柄な態度を取る方。

おそらく世の中の女性の多くはこのタイプには嫌悪感を抱きます。

自分を大きく見せるよりも、相手を思いやることを学んだ方が人間的な魅力が増します。

 

もしこの5つ 思い当たるなら今すぐ見直して、人間的な器を育てていくことをお勧めします。

成功するために必要な要素の一つが人間性。いわゆる器を育てていくことに他ならないでしょう。