「ドリームキラー」

よく聞く言葉です。

何かにチャレンジしようとするときに、その手を阻む身近な人達のネガティブ(心配しての)アドバイス

あなたの成功を阻むのは実は一番身近な人達

・・・なんていうことはよく聞きます。

 

でも本当の「ドリームキラー」は違います。

 

もっと身近で、もっとやっかい。

あなたの心の中に潜んでいる。

それは「ドリームキラー」と言う名の恐怖心

一つは、こんなことしたらどう思われるだろうか?という他人からの視点

一つは、常識と言う名の社会の価値観

そして三つ目は仮想の自分。コンフォートゾーンから抜け出せない自分

 

他人からどう思われるかよりも、自分がどうしたいのか?

もし明日死ぬとしたら後悔するのは、自分らしく生きなかったこと。他人の視点で生きたこと。

社会の価値観は、国や環境が違えばまったく違うもの。

そして、自分自身に制限を掛けている仮想の自分。自分はこんなものという思い込み

この3つの物差しが、自分自身にブレーキを掛ける一番厄介な「ドリームキラー」

いつも戦うべき相手は自分の中にいる。

「できない」が「できる」ようになるリミッターを外すのも自分自身

常につねに自分に問いかける。

このままの恐怖心を乗り越えず、10年後も同じ人生を過ごすのか?

リミッターを外して恐怖心すら楽しみに変えるのか?決めるのも自分

厄介な「3つの物差し」は今すぐ捨てて、新しい自分に出会う旅に出よう。